電子ピアノ運送

MENU

電子ピアノ運送を依頼する際の3つのポイント

電子ピアノ運送申し込み

春は引越の最も多いシーズンで、多くの人が新しく生活を始める場所に様々な物を運びます。家電製品や大き目の家具などほとんどの人が引越し業者に依頼しているのが特徴です。引越しをする時に、電子ピアノ運送をどこに依頼すればよいのか悩んでしまう人が少なくありません。電子ピアノは温度や湿度などに敏感で、知識のある業者に依頼しないと故障の原因になる可能性があります。運送作業には特別な道具が必要になる場合もあるので、依頼する時には確認が必要です。

 

依頼する時の1つ目のポイントは、引越し荷物の中に電子ピアノが含まれていることを伝えることを忘れてはいけません。電子ピアノの運送には特別な知識や技術が必要です。運送に慣れていない業者の場合は、電子ピアノだけを他の業者に依頼する方がよいでしょう。どれ位の運送費用が必要になるのか、しっかりと見積もりを出してもらうことも依頼する際のポイントになります。家電製品や家具などとは別料金になる場合が多いので、トラブルなどを避けるためにも詳しい見積もりが必要です。見積もりを依頼する時には、運送作業の際に故障したり傷などが付いた場合などの対応を説明してもらうようにしましょう。電子ピアノを新しい住居などのどこに運び入れるのかも、依頼する時の大切なポイントになります。電子ピアノのサイズにもよりますが、運び入れる時にはクレーンなどが必要になることが少なくありません。

 

100kg程の重量になる場合があるので、他の家電製品や家具などのように人の力だけで運ぶのは難しいことになります。家の2階以上の場合でも、運び入れる時にはクレーンなどの道具が必要です。マンションなどの集合住宅の場合では、エレベーターなどのサイズも伝える必要があります。エレベーターなどに入らない場合は、大型のクレーンを使うことが少なくありません。電子ピアノの運送は、他の引越し荷物よりも注意しなければいけないことがたくさんあります。トラブルなどを避けるためにも、しっかりと確認することが必要です。

電子ピアノの荷造り注意点

電子ピアノ運送比較

電子ピアノを荷造りする時には注意点がいくつかあります。基本的には業者やプロに任せてしまうのが傷もつかず一番安心なのですが、どうしても自分で荷造りするのであればやはり1人でやるのは難しいですし時間もかかってしまうので、なるべく複数人で取り掛かった方が良いです。まず配送中に雨などでぬれてしまわない様に、しっかりと電子ピアノをビニール袋の中に入れる事が大切です。大きなビニール袋がこの際必要になりますが、ホームセンター等で売っていますし、近くにない場合はネットでも購入する事が出来ます。とにかく電子機器なので水にぬれないようにする事が重要です。

 

大きなビニール袋に電子ピアノを入れる事が出来たら、次は全体をプチプチの緩衝材で覆っていきます。これも重要な作業で、電子ピアノは衝撃にも弱いので、念には念を入れて何重にもグルグルに巻いておけば配送の時に万が一落としてしまっても安全です。このプチプチの緩衝材もホームセンターやネットで入手出来ます。いざ梱包している時に足りなくなったら困るので少し余分に購入しておくと安心です。

 

こうして梱包する事が出来たら、最後に電子ピアノを入れるダンボールを用意するのですが、なかなか入るものはないので、なかったら自分で作ります。家にある小さな段ボール箱や使わないダンボールをカッターで切り、ガムテープでつなぎ合わせていけば大きなダンボールを作る事が可能です。家に適当なダンボールがなければ、これもホームセンターで売っていますが、近所のコンビ二やスーパーでもらう事が出来るのでダンボールはわざわざ買わなくても大丈夫です。大きなダンボールが出来たら、その中に電子ピアノを入れて終了というわけではありません。ダンボールの中には隙間があるので、その隙間を埋める為に発泡スチロールや丸めた新聞紙を沢山入れて、中の電子ピアノが配送中に動かないようにしっかりと固定します。固定出来たら最後にガムテープでダンボールのふたをしっかりと閉めてこれで完了です。このようにとにかく水にぬれないようにし衝撃にも負けないようにする事が電子ピアノの荷造りの注意点です。

ピアノと電子ピアノのメリットとデメリット

電子ピアノ運送相場

ピアノや電子ピアノを習得する上でのメリットは、譜面を読む能力の向上やリズム感が身につくこと、さらに上達すると作曲や採譜など幅広く行うことができます。ピアノはグランドタイプとアップライトに分けられますが、両方ともに大きく場所をとるために、一般家庭に設置するにはそのための部屋を確保する必要があります。電子ピアノは設置する面積も小さく気軽に鍵盤楽器を始めることができます。音色も様々に選択できるために、通常の鍵盤楽器とは違ったスタイルでの演奏も可能になります。両者のメリットとデメリットは設置場所に関するものが多く、演奏を習得する上では共通した部分もあります。

 

キーボード演奏を習得するのであればアコースティックでも電機でも違いはほとんどありませんが、ピアノ演奏を習得すると考えた場合には、ピアノと電子ピアノでは微妙な違いがあります。鍵盤のタッチや強弱のアタックなどは生音と電子音の楽器では手ごたえがまるで違いますし、線の有無やペダルの踏み込み方など音をコントロールする部分の奏法はリアルなピアノでないと習得することは不可能といえます。電子ピアノは機械的に音に臨場感をつけたりまるで違う種類の楽器音を使うことができます。音色の種類によっては発音のレイテンシーがほとんどないために非常に速いパッセージも演奏も楽しめます。

 

電子ピアノは通常のピアノと違って簡単に始めることができます。音楽を楽しむのであればこの手軽さは最大のメリットになり、価格も比較的低価格なために経済的な負担は少なくて済みます。表現力と技術の習得を求めるのであればそれなりの広さの部屋と調音設備を充実させ、ピアノを購入することが必要になります。高額で楽器以上の出費を考えることが必要ですが、演奏習得することで専門的な職種に就くこともできますし、趣味として一生演奏を楽しむこともできます。電子ピアノはメンテナンスはほとんど必要ありませんが、ピアノは定期的な調律も必要になりますが、末永く使うことができる楽器でもあります。

電子ピアノの美しさを保つためにはお手入れを忘れずに!

電子ピアノ運送料金

電源を入れて鍵盤に触れた時の音色が美しい電子ピアノですが、自宅に置いて練習や演奏をされている方がいらっしゃることでしょう。この電子ピアノの美しさを維持していくために必要不可欠となるのが、お手入れを忘れずに行うことになります。

 

一番気になる汚れにホコリがあげられますが、まずは電源を切ってお手入れの際にはこのホコリを先に毛のはたきで取り払い、クロスなどの柔らかい生地の布を使って軽く本体の電子ピアノを拭いていくのが良いでしょう。次に蓋を開けたら現れる白と黒の鍵盤の部分は、クロスで軽く拭いた後に専用のクリーナーを用いてお手入れされることをおすすめしたいものです。この時に気をつけたいこととしましては、必ず電子ピアノに使用が可能な専用のクリーナーを使うことになります。鍵盤は、手あかや汚れなどが付着しやすい部分ですから清潔に保っておきたいため、汚れが軽いものだったらクロスをぬるま湯で湿らせて拭いていき、その後に別の乾いたものを使って軽く拭き上げていくのがいいでしょう。

 

それから、ペダルのお手入れについてですが、色がくすんできたなと感じられたなら金属部分であれば専用の磨き上げるコンパウンドなどで、美しさを取り戻してあげることが可能となっています。電子ピアノのお手入れ方法は、本体の外装や鍵盤、ペダルなどの部分によって適したクリーナーなどを選んで行っていくことが大事なポイントです。そして、まず始めにホコリを取り払ってからクロスを使って軽く拭いていくことも大事になり、このクロスはできれば電子ピアノ専用の商品を使って拭いていきましょう。これは、生地によってはお手入れをしているつもりのはずが、逆に傷をつけてしまっていることがあるといいますから、クロス選びにも注意をしたいものです。電子ピアノの美しさは、お手入れをしっかりと忘れずにすることで長く保たせることができますので、適切な方法で丁寧に行い大切にしていきましょう。